ごあいさつ

院長 医学博士 小黒 範子

子どもたちは、生まれてから日々成長し、心と身体の発達を遂げていきます。彼らは一人一人違った個性があり、それぞれの発達の道のりを進んでいきます。子育て中、どの年齢であっても、発達の進みが遅いとか、ちょっと気になる症状があるなど、今のままでよいのだろうかと親御さんが不安に感じることは少なくありません。

当院は、自閉スペクトラム症(ASD),注意欠如・多動症(ADHD)等の神経発達症や運動・言語発達の遅れ等のある子どもとその家族を支援するための専門医療機関です。小児科、児童精神科の診療、心理療法やカウンセリング、医学的リハビリテーションを実施します。

それぞれの子どもの発達特性を理解して、早いうちから適切な対応をすると、発達の伸びを引き出し、子どもの困り感を減らすことができます。子どもは周りから理解され、その子にあった対応をされると安心し、だんだん自信がもてるようになり、頑張る気持ちが芽生えてきます。子どもによい変化がみられると、家族も不安が減り、生活が楽しく安定してきます。
子どもの年齢があがると、また、違った心配事が現れることはよくあることです。本人の心の成長に加えて、学校などの環境はどんどん変わるので、その都度対応が必要になります。

当院では、診療所の利便性を生かし気軽に受診していただきたいと考えております。まず、スタッフが丁寧な問診したのち、医師が診察します。 さらに、発達のアセスメント(発達評価、リハビリ評価)を実施し、オーダーメードの専門療育と必要時には薬物療法を実施します。幼児期から思春期まで長く通院していただいたら、成長の視点を大切にして、その時必要な治療や対応をご家族とともに考えていくことができます。

私たちは、子どもとご家族のために、コミュニケーションに努め、チーム医療を実践します。チーム医療はクリニックのみならず、子どもを取り巻く教育機関(保育所、幼稚園と学校等)と地域の関係者に徐々に広げていくよう、努めていきます。

スタッフ一同で、未来を担う子どもたちの心身の健やかな成長を願い、クリニックが地域の子育て支援に貢献できれば幸いです。

とちぎっ子発達クリニック
院長 医学博士 小黒 範子

経歴

  • 旭川医科大学医学部医学科卒業
  • 自治医科大学小児科学教室
    (茨城県立中央病院小児科、福田記念病院小児科等派遣)
  • 都立よつぎ療育園
  • 栃木県立リハビリテーションセンター小児科
    (栃木県立身体障害医療福祉センター、とちぎリハビリテーションセンターから組織改編)
  • 2019年11月 とちぎっ子発達クリニック 開業

専門医・認定医

  • 日本小児科学会専門医
  • 日本小児神経学会専門医
  • 臨床遺伝専門医

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本小児神経学会
  • 日本小児保健学会
  • 日本小児精神神経学会
  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本人類遺伝学会
  • 日本遺伝カウンセリング学会
  • 日本リハビリテーション医学会